Tag: 中古住宅

連休中に物件探しを

Posted by on 2011年4月27日

ゴールデンウイークがもう間もなくやってきますが、この連休中に新築の家造りを考えたり、中古物件を探しに出る方も多いのではないでしょうか。
東京に住む大学時代の友人も連休中に品川区で不動産戸建て物件を探すと言っていました。
ただ3月に発生した東日本大震災の影響から考えると注文住宅や一戸建ての新築を建てようと思っても、住宅業界の現状を考えるとあまり住宅メーカーや工務店との話にも熱が入らないのではないでしょうか。
住宅業界は一ヶ月以上が過ぎた今でも建材や住宅設備機器の不足のために安定しな状態が続いています。
住宅業界では現場のストップや引き渡しの延期などに正直苦しんでいます。
工務店の集客もいろいろ考えていかなければいけないことでしょう。
これから新築で注文住宅や戸建てを建てようと考えるよりも既に建物自体存在している中古住宅や中古マンションの方がマイホームの取得としては現実味を帯びていることになります。
中古住宅や中古マンションの場合は新築住宅と違って傷みやキズがあるのは仕方がないことでしょう。
それでも状態の良い物件を見つけて、金額も新築を建てるよりもはるかに安い金額であれば早期にマイホームの取得ができるというわけです。
しかし中古物件を探す場合に金額が安いからと言って安易に決めてしまうと欠陥や後々生活に支障をきたす部分があれば問題外なのでしっかりと不動産物件を見て、不動産会社に確認を取って購入を決めるようにしましょう。
今後、住宅ローンの金利の上昇や消費税の増税があれば購入金額も変わってくるので早期にマイホームを取得したい方はこのゴールデンウィークが勝負ではないでしょうか。

これからの中古物件の購入

Posted by on 2011年1月25日

マイホームを取得することを考えた時に注文住宅や一戸建てのような新築で家を建てるには土地の購入も考えなければいけないし、
資金や住宅ローンの借り入れが十分にできないということで遠い夢の話だと半ばあきらめかけている方もいるのではないかと思います。
そういった方におすすめなのは中古マンションや中古住宅などの不動産物件です。
今、北海道の札幌の賃貸マンションに住んでいる友人もそろそろマイホームを持とうかと考え、同じ札幌市の地域で物件を探し始めたと言います。
中には中古ということで毛嫌いしている方もいるようですがただ単純に不動産物件の購入だけを考えているから中古という考え方になるのです。
今までの中古住宅や中古マンションなどの不動産物件の購入は引き渡し後にクロスの張り替えやキッチン、洗面化粧台の入れ替えといった
ちょっとしたリフォームをして済み始めることが多かったと思いますが、
最近では大胆に物件の間取りを変えたりするリノベーションを行うことが注目されるようになりました。
また間取りはそのままでも健康住宅や無添加住宅などのノウハウや素材・建材を活かしたリフォームを行う工務店等もあります。
中古住宅や中古マンションを買ってリフォーム・リノベーションを行うことは新築を購入するよりも費用が抑えられますし、
なにより住み替え・新しい生活を始めるには新築よりも短い期間で可能になります。
私の友人も久留米で健康住宅仕様のリフォームを購入した中古住宅に行いました。
中古住宅や中古マンションを探すのと同時に新築と見違えるようなリフォームやリノベーションの提案・実行できる
センスのあるリフォーム会社や工務店で集客できているところを探すことも含めてマイホームの取得を考えてみませんか?

優しい住宅

Posted by on 2010年7月30日

バリアフリーとは高齢者や障害者などの社会生活弱者の支障となる物理的な障害や精神的な障壁を取り除いた状態をいいます。
バリアフリー住宅とは、床の段差をなくしたり、階段に手すりを取り付けるなど、生活の障壁となるものを取り除き、高齢や身体の機能が低下した場合でも快適に生活を続けることのできる住宅です。
最近ではアパートなどの賃貸物件でもバリアフリーにしている物件も多くなっています。
若い時は快適に暮らしていた住宅が高齢になったり不自由な身体になると、殆どの家が苛酷な住宅になり得ます。
年を取ると2cmの敷居の段差につまずいて、足の骨を骨折するような事もあるそうです。また車椅子生活となった場合には外出することさえも大変なようです。
新築で住宅を建てるまたは中古住宅を購入した後のリフォームで老後まで快適に住めるバリアフリーな家造りを考えてみませんか?
高齢や不自由な体になった時に内に閉じこもってしまうと社会と接する機会もとぼしくなります。
気軽に出入りするためにも、安全な玄関まわりの整備が必要です。
玄関周りや廊下では段差解消、スロープ設置、手すりの設置、場合によっては車いす用にリフトの設置し車いすでも簡単に移動できる段差のない玄関や廊下にする工夫が必要ですね。
また部屋と部屋の間の敷居の段差の解消も重要です。
風呂場では段差解消、手すり設置、車いすでも使用可能または解除を考えたスペースの確保が必要です。
非常連絡装置などの設備もあればより安全だと思います。
入浴は体を清潔し心身をリラックスさせるためにも大切なものです。
その他、階段の手すり設置やこう配を緩やかな階段にするなども必要だと思います。

注文住宅を建てる際に今は若くても年老いた時の事を考えて、流行にとらわれた家造りよりも良い家造りができるのではないでしょうか?

瑕疵<かし>

Posted by on 2010年6月24日

中古物件を購入する上で不動産の知識について知っておかなければいけない事があります。

外壁のひび割れやクロスの破れなど表面上の不具合は目で見てわかるのですが、
構造上目で見ることが不可能な部分や床下など隠れた部分の不具合がある場合は非常に厄介です。
また住宅を建てるために購入した不動産物件の土地に埋設物が発見されるケースもあります。
この発見できないような隠れた物質的欠陥の事を瑕疵と言います。
例を挙げれば、建物の土台が腐食や、壁の内部の鉄筋が錆び、設備などが故障していたりなどの場合で、外部から見ただけでは発見できないような欠陥のことです。
中古住宅などの売買契約において、買主が売主から引渡しを受けたものの、目的物に隠れた瑕疵があったことが判明した時に
契約の目的を達することができないときは、買主は、契約の解除をすることができる。
この条件を満たさないときは、損害賠償請求のみをすることができると言うのが売主の瑕疵担保責任となります。
隠れた瑕疵とは、買主が通常の注意を払っても知り得ない瑕疵を指します。
売主が知らせない場合で、普通に注意を払っておいても気付かないようなものがこれに当たります。
売主自身も知らなかったものも含みます。
シロアリ被害や雨漏りなど表面に現れていなかった場合が隠れた瑕疵に該当します。
隠れた瑕疵に当たるには一般人が通常の注意を払っても知り得ない、また買主が善意・無過失であることが必要です。
瑕疵担保責任に基づく契約の解除又は損害賠償請求は、買主が事実を知った時から1年以内にしなければいけません。
また宅地又は建物に関して宅建業法により業者が売主の場合、目的物の引渡しの日から2年以上となる特約をする場合以外の買主に不利となる特約は無効になります。
このように一般の方には分かりづらいことがありますので、
中古住宅や土地を購入する場合はしっかりと不動産業者からの説明を受け、納得したうえで契約をしましょう。

アンテナやコンセント

Posted by on 2010年5月14日

新築の注文住宅の場合はコンセントやテレビアンテナ、エアコンの配置など考えて新築の住宅プランを作成していくと思います。
しかし中古住宅の場合は既にある程度の配置が決まっていますよね。
中古住宅の場合、気をつけてみておきたいのがコンセントカバーなどが割れていないか、
またエアコン取り付け用に個別にコンセントが設置されている又その電圧、エアコン用のコンセント差し込みの形を見ておきたいところです。
コンセントの差し込みの形状に関しては電圧によってまた購入するエアコンによって通常と異なる場合があるので確認を忘れないようにしましょう。
次にテレビのアンテナの配線ですが、これも新築の住宅の場合は心配なく差し込み式のプラグ式が使われていると思いますが、中古住宅で築年数が古い住宅では昔のテレビ配線が付いている可能性があります。
知っている人は知っていると思いますが、若い方は実際に見た事がないかもしれませんね。
フィーダー線と言われる平べったいアンテナ配線だったり、現在も使われている同軸ケーブルと同じですが、その同軸ケーブルの先ををむいて直接ネジで取り付ける直付け式と言う配線方式だったりする事があります。
ホームセンターなどで現在の差し込みプラグ式に取り換えるための部材は販売されていますが取り付け方法を間違えると他室のテレビ映りが悪くなるなど、トラブルの原因となりますので、出来れば工事業者に取り付けの依頼をする事をお勧めします。
また忘れがちなのは差し込みは差し込みプラグ式でもアンテナが老朽化している場合や地上デジタル放送に対応していないアンテナが付いている事もあるので確認しましょう。
また山間部などの地域によっては地上デジタル放送に移行しても移りが悪い事もあります。
そのような場合は地域の自治会主体のケーブルテレビ等が推進されている事もありますので確認してみましょう。
またインターネットのサービスも地域によってはプロバイダーがサービスの対応ができていない事もあるので購入前や引越す前にその点の確認も必要です。

シックハウス

Posted by on 2010年4月22日

シックハウス症候群とは、新築や改築などのリフォーム直後の建材から揮発する化学物質によって室内の空気が汚染されることによって引き起こされる病気です。
また室内のカビやハウスダストなどによって起こるアレルギー症状も、広い意味ではシックハウス症候群の中に分類されます。
木材や建材には、大量の揮発性化学物質が使われています。
それらは建材の防腐剤や接着剤の成分やシロアリなどの防蟻剤として使用されています。
新築やリフォーム直後の家の中に入ると鼻をつく匂いがしますが、これらは放散しているホルムアルデヒドやトルエンなどの揮発性化学物質の臭いです。
微量でも極めて有害な成分が含まれる場合があります。
中には新築で住宅を建てたにもかかわらず引き渡しまた入居後数カ月でアレルギー症状が出て、マイホームに住むことが出来ない方もいるようです。
このことは新築の住宅だけでなく改築・リフォーム後の住宅や賃貸物件のマンションやアパートでも起こりうることなのです。
家の中にいると鼻水が出るまたは詰まる、涙が出る、喉の痛み、動悸や頭痛などの症状があらわれます。
また、不眠症や慢性的な疲労感や倦怠感の場合もあります。
症状には個人差が大きく、同じ家でも非常に強く症状の出る人とまったく症状の出ない人がいます。
また引越し疲れと思い込んで生活している場合もあるので初期の対応が遅れる場合があるので気をつけたい所です。
アレルギー症状のある子どもでは、アトピー性皮膚炎や小児気管支喘息の悪化する場合もあるので注意が必要です。
最近ではシックハウス症候群のかたでも安心して住める自然素材の家造りや健康住宅や無添加住宅を建てる工務店も注目されつつあります。

白蟻

Posted by on 2010年3月12日

木造の住宅で起こり得る問題の一つとしてシロアリの被害があります。シロアリは家の外の巣から家の中に入り込む習性が有ります。
外から入り込まないようにするためにはまず庭と基礎のコンクリートの廻りなどの清掃を行いましょう。
また簡単な対策として清掃以外には湿気対策を行いましょう。
床下の換気を妨げないように床下換気口の近くには物を置かないようにしましょう。
シロアリは暗くて湿気の有る所を好みます。
庭の清掃に付随して家の廻りの草むしりなども湿気対策としては効果が有ります。
またお風呂などの水回りの湿気対策も効果的なようです。
中古住宅の場合はシロアリの確認検査を行っているか不動産会社に確認しましょう。
また新築の場合は多くのハウスメーカーで住宅の基礎部に、防蟻シートを敷いて、シロアリ被害にあわないような工夫をしているようです。
防蟻シートは5~10年ほどもつと言われています。
それでも建物が木造の場合には5~10年おきにシロアリ駆除のために薬品散布が必要だと思います。しかしシロアリ対策の薬剤は人体にもあまり良くないので使用には注意しましょう。
新築時に防蟻シートを施工していない場合には、特段の注意が必要です。床下点検を定期的に実施しましょう。
床下に湿気がこもらないようにするため、床下換気扇の設置や珪藻土などの床下調湿材を施工すると、一つの対策になると思います。
日常的に床下にできるだけ湿気が発生しないようにしましょう。

クラック

Posted by on 2010年2月11日

外回りを見てみると基礎のコンクリートに髪の毛程度の細いひび割れを発見する事があるかもしれません。
この髪の毛程度のひび割れの事を「ヘアークラック」または「収縮クラック」と言います。
基礎の立ち上がりの表面をモルタルで薄く塗って仕上げるていることがあり、その後の乾燥によりモルタルが縮まりひび割れを起こします。
また木造住宅であれば筋交いや基礎の手抜きなどの構造欠陥が発見されることがあるようです。
構造上の問題で生じるひび割れを「構造クラック」と言います。
中古住宅では不動産会社が基礎のひび割れをヘアークラックだと説明をごまかす場合があるようです。
喚起項の開口部などは力が集中するので普通は補強筋を入れます。
しかし補強材が入っていないとひび割れが起こします。
また新築で住まいの工事中にコンクリートの継ぎ足しをした場合にもコンクリートの乾燥の程度が異なってくるため、ひびが入ることがあるようです。
モルタルが収縮しないような状況であれば簡単なコーキング充填で収まるようです。
しかしその亀裂の幅が数ミリにわたるような場合は家そのものの構造の問題から生じる構造クラックの可能性があります。
コーキングでは再発を繰り返すひび割れには注意しましょう。
ヘアークラックなのか構造クラックなのか判断するのは素人にはわからない事ですが放っておくわけにはいかないでしょう。
業者に頼んで床下に入ってもらい基礎から見てもらうことをお勧めします。

建物の外回り

Posted by on 2010年1月27日

建物の中は生活をするので傷み具合などに気づきやすいと思いますが、家の外回りや外壁って意外と見てなかったりしませんか?
外壁やサッシの傷みなど普段からあまり気にして見ていないですよね。
普段の生活にしてもこれから中古住宅を探すときにもちょっと気にしてみておいた方が良いかもしれませんね。
外壁の継ぎ目やサッシ・窓枠の周りの隙間にコーキングがされています。
コーキングとはサッシまわりや窓枠などの周囲、外壁の継ぎ目、部材の接ぎ目部分などの小さなすき間にパテ状の充填材を詰めることです。
コーキングは、水密や気密を目的のため施工されていて、また経年劣化でできたひび割れなどを埋めたりすることに使われます。
すき間への詰め物をシーリング材といい、シーリング材全体をコーキング材と呼んぶたこともあります。
現在では、油性コーキング材に限定してコーキング材と呼ぶことが多いようです。
油性コーキング材は表面は硬化して皮膜をつくり、内部は固まりにくいという性質をもっている。
中古住宅を購入した場合、中古住宅の外壁の継ぎ目に隙間が生じている事があります。
コーキングが切れている場合でもすぐに雨漏りが生じないわけではありません。
外壁の下には防水シートが張られています。
しかし決してコーキングが切れたままでも大丈夫と云うことではありません。
また経年劣化によってコーキングは切れてしまうものなので年数を考えてコーキングの欠陥なのかどうなのか判断しましょう。
また新築・中古住宅を問わずコーキングのやり替えも考えて修繕費の積み立てをしておいた方がいいと思います。

中古物件の現況

Posted by on 2009年12月12日

不動産の中古物件の情報を集めていると「リフォーム済み」や「リノベーション」というような言葉を目にする事があると思います。
リフォームとは一般的には工務店を中心にした業者に内容を打ち合わせ、積算、見積もりをもらって工事を依頼することです。
また現物合わせの作業を精度良く行うので小規模な改装であっても意外に高くつくことも多いようですね。
住宅リフォームを行う場合には築年数やリフォーム業者、リフォーム内容などにより自治体から補助金が支給されることもあるようです。
リフォームを行う際は市役所など相談すると良いですね。
リノベーションとは建物の大規模な改修工事を行いうことで用途や機能を変更して性能と価値を高めることです。
時が経つにつれて時代に合わなくなった機能や性能を時代の変化にあわせた機能・性能以上に向上させます。
外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備や冷暖房換気などの設備の更新などを行います。
リフォームやリノベーションを行った中古住宅などはその工事代金が物件の売買価格に上乗せされています。
リフォーム済みの物件を買うか物件を購入した後にリフォームするのが良いのかは何とも言えないところですが、
現状でリフォームがされておらず、契約が決まった後に売り主負担でリフォームを行うという物件は注意しましょう。
たとえば、破れている壁紙を張り替えると言う事でも売り主の趣味の壁紙の柄で張り替えられていたとします。
しかし買主側の好みに合わないという事になればこれもトラブルの素になりかねません。
申し込みや契約の際にしっかりと確認しておきましょう。