自分流の分類方法を考える

Posted by on 2018年10月22日

要る物を使いやすく収納するために、グループ分けをしてみてはどうでしょう。分類方法に決まりは無いので、自分が使いやすいように、分かりやすいようにグループをつくります。

★アイテム別
種類が多い物を収納するには、アイテム別に分けると、すっきりと収納できます。
食器棚はコップ、お茶碗、カトラリーなどアイテム別に分類し、指定席を決めると、迷わず取り出せます。
衣類はTシャツや下着などのアイテム別に収納すると、引き出しの中もスッキリします。

★個人別
家族共通のスペースでは、カゴや仕切りなどで個人別に分けて収納すると、すっきりと片付くうえに、使いやすくなります。例えば脱衣所では、着替えやタオルは必要最小限の枚数を、カゴや仕切りなどで個人別に分けて入れておくと、スッキリして使いやすくなります。

★使用頻度別
よく使うものは取り出しやすい位置に収納します。毎日作業をするキッチンでは、この分類方法で収納すると、格段に使い勝手が良くなります。食器棚では、胸からお腹の高さが一番取り出しやすいので、普段使いの食器を入れましょう。

★形状別
丸や四角、箱や袋など様々な形状のものは、形やパッケージでグループ分けして、カゴやラックを使ってまとめて収納すると、収納スペースを有効に使うことができます。収納庫などは、カゴやラックを上手に組み合わせて、取りやすく収納しましょう。

★季節別
衣類は春夏、秋冬の2つのグループに分け、キャスター付きのチェストや、引き出しだけを入れ替えるだけにすれば、衣替えが簡単です。
季節用品は大きい物が多いです。クリスマスツリー、お正月用品、雛人形など、ひとまとめにして押入れの天袋などにラベルをつけて収納しておきましょう。

0 Comments on 自分流の分類方法を考える

Closed