大手ハウスメーカーVS地元の工務店

Posted by on 2016年9月13日

家造りを進めていく際には、まず依頼する業者を選ばなければ話が始まりません。この業者選びこそ、家造りを成功させることができるかどうかが大きく関わってくるだけに慎重に選びたいものです。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせる数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは容易なことではないのですが、自分達に合った最高のパートナーを選び出しましょう。

まずはそれぞれの特徴を知り、どちらが適しているかを見極めることで業者選びがしやすくなります。大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。様々な工夫を凝らした情報発信を広告宣伝のプロが手がけているため、あらゆる方法で細やかな情報を手に入れることができます。画一化されたデザインをもっているので提案力もあるのです。

しかしその反面、自社商品のみしか売ってくれなかったり、商品が規格化されているため自由にならない部分があるのです。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高くなってしまうのです。

地元に密着した工務店は、建築主の希望や都合を最優先してくれます。大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができるのが最大の特徴です。また地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視しています。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしています。その一方で、会社規模が小さいため不安視する人も多いです。洗練されたデザインや提案力に欠けているのではないかと考える人も多いのです。まずはこれらの特徴を知り、どちらがより自分達の家造りに適しているかを見極め業者選びをしましょう。

0 Comments on 大手ハウスメーカーVS地元の工務店

Closed