Month: 6月 2016

室内干し

Posted by on 2016年6月23日

屋外用の洗濯物干し場は当たり前のように設けることと思います。しかし意外と見落とされがちな室内干し。しかし家を建てた友人達からのアドバイスの中にはいつも室内干しスペースは必ず設けておいた方がいいよ!と言われていました。屋外用においても室内用においても言えることは、洗濯機のある洗面室からの動線はできるだけ短い方がいいということです。

家事動線をコンパクトにすることで家事の効率は高まります。洗濯は毎日行う家事の一つでもあるだけにこの動線は非常に重要です。雨の日や外出して帰宅が遅くなる時、夜洗濯物をする時や、花粉や大気汚染物質が多く飛来する時など室内干しがあると洗濯物をスムーズに干すことができます。天候に左右されない洗濯物干し場があると家事への不満が軽減されるのです。

我が家は最初、階段を上がった先のホール部分に室内干しを設けようと思いました。しかし一階で洗濯をして、濡れて重くなった洗濯物を抱えて階段を移動するのは高齢になった時は身体に負担をかけると思い止めました。そして結果、和室の先にサンルームを設けたのです。大開口の窓があるので、日当たりも抜群です。LDKから干している洗濯物は見えませんし、和室と室内干しがあるサンルームとの境には建具で区切れるようになっています。洗面室からの動線も短いですし、室内干しとして利用しない時は、建具を開け放つことで和室に開放感がプラスされます。ここに室内干しを設けて良かったと思っています。