Month: 8月 2014

オール電化住宅

Posted by on 2014年8月9日

4月になり消費税が8%へと変わりました。増税前に人生で最大の買い物となる住宅を購入した友人や知人はたくさんいます。私の友人や知人たちが建てた住宅の半数以上がオール電化住宅でした。新築住宅に占めるオール電化住宅の割合は急増していると言います。オール電化住宅とは家庭内で使用する全てのエネルギーを電気でまかなう住宅のことです。IHクッキングヒーター、給湯、冷暖房など全てを電気にすることで安全で環境に優しいことも魅力の一つだと思います。また深夜電力は費用が安いため上手に電気を使用することでより省エネで節約に繋がります。

オール電化住宅にする人の多くは太陽光発電を利用します。太陽光発電とは専用のソーラーパネルを設置し太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換して発電するシステムです。以前に比べ住宅の屋根にこのソーラーパネルが設置されている住宅をよく見かけるようになりました。この太陽光発電にもメリット・デメリットがあります。設置にあたってはこのメリット・デメリットをしっかり理解しておいた方がいいでしょう。

デメリットは設置費用が高いことです。初期費用は100万は必要になってきます。設置費用が高い上に、常に満足のいく発電量とは限りません。天候や時期、また地域によって発電量は異なります。設置する前に自分の家ではどれくらい発電するのかということをしっかり調査しておくといいでしょう。メリットは使いきれず余った電気を電力会社が買い取ってくれることです。家計を助けてくれるだけでなく、地球環境にも優しいこの太陽光発電はこれからも普及が続きそうですね。