Month: 2月 2011

マイホームと家相

Posted by on 2011年2月26日

新築で注文住宅や一戸建ての住宅を建てたり、またそのための土地を探したり、
中古住宅や中古マンションなどの不動産部件を探す場合に様々な希望条件を考えて打ち合わせをしたり情報を集めたりすることだと思います。
夢や希望を膨らますことはマイホームを持つためには必要な事ですが、その希望条件が多かったり根深いものだったりするとなかなか新築のプランが決まらなかったり、不動産物件の購入に踏み切れなかったりすることだと思います。
その一つとして家相を気がかりにしている人もいることだと思います。
山形で住宅を新築した友人も間取りを考え初めの頃は家相が気になって仕方がなかったそうです。
家相を考え始めるとあれはしては駄目だとか、この場所にその間取りを持ってきては駄目だなどマイナス要因として捉えることが多くなってくるようです。
また家相が気になり始めたら様々な家相にまつわる本を何冊も読み漁ったりしてしまう人もいるようですが、
読んだ本が多ければ多いほどタブーとなることが増えてしまって、マイホームを建てたり購入したりすること自体否定的に捉えてしまう場合もあります。
ここで注意しなければいけないのは古来からの最低限のこと守ったり、本に書いてあることを全て受け入れてしまわず参考としてとどめておく必要があります。
例えば、お風呂の残り湯を洗濯に使わないだとか、不浄と言われるトイレは毎日きちんと掃除するなどのことです。
大分の工務店の社長さんも言っていましたが、言い出したらきりがない心配事よりも家族が幸せに暮らせるように良い意味で解釈して
新築の間取り・プラン作りや不動産物件探しなどに利用していくことこそが家相とのうまいお付き合いの形になるのではないでしょうか。