Month: 6月 2010

瑕疵<かし>

Posted by on 2010年6月24日

中古物件を購入する上で不動産の知識について知っておかなければいけない事があります。

外壁のひび割れやクロスの破れなど表面上の不具合は目で見てわかるのですが、
構造上目で見ることが不可能な部分や床下など隠れた部分の不具合がある場合は非常に厄介です。
また住宅を建てるために購入した不動産物件の土地に埋設物が発見されるケースもあります。
この発見できないような隠れた物質的欠陥の事を瑕疵と言います。
例を挙げれば、建物の土台が腐食や、壁の内部の鉄筋が錆び、設備などが故障していたりなどの場合で、外部から見ただけでは発見できないような欠陥のことです。
中古住宅などの売買契約において、買主が売主から引渡しを受けたものの、目的物に隠れた瑕疵があったことが判明した時に
契約の目的を達することができないときは、買主は、契約の解除をすることができる。
この条件を満たさないときは、損害賠償請求のみをすることができると言うのが売主の瑕疵担保責任となります。
隠れた瑕疵とは、買主が通常の注意を払っても知り得ない瑕疵を指します。
売主が知らせない場合で、普通に注意を払っておいても気付かないようなものがこれに当たります。
売主自身も知らなかったものも含みます。
シロアリ被害や雨漏りなど表面に現れていなかった場合が隠れた瑕疵に該当します。
隠れた瑕疵に当たるには一般人が通常の注意を払っても知り得ない、また買主が善意・無過失であることが必要です。
瑕疵担保責任に基づく契約の解除又は損害賠償請求は、買主が事実を知った時から1年以内にしなければいけません。
また宅地又は建物に関して宅建業法により業者が売主の場合、目的物の引渡しの日から2年以上となる特約をする場合以外の買主に不利となる特約は無効になります。
このように一般の方には分かりづらいことがありますので、
中古住宅や土地を購入する場合はしっかりと不動産業者からの説明を受け、納得したうえで契約をしましょう。