Category: 中古マンション

連休中に物件探しを

Posted by on 2011年4月27日

ゴールデンウイークがもう間もなくやってきますが、この連休中に新築の家造りを考えたり、中古物件を探しに出る方も多いのではないでしょうか。
東京に住む大学時代の友人も連休中に品川区で不動産戸建て物件を探すと言っていました。
ただ3月に発生した東日本大震災の影響から考えると注文住宅や一戸建ての新築を建てようと思っても、住宅業界の現状を考えるとあまり住宅メーカーや工務店との話にも熱が入らないのではないでしょうか。
住宅業界は一ヶ月以上が過ぎた今でも建材や住宅設備機器の不足のために安定しな状態が続いています。
住宅業界では現場のストップや引き渡しの延期などに正直苦しんでいます。
工務店の集客もいろいろ考えていかなければいけないことでしょう。
これから新築で注文住宅や戸建てを建てようと考えるよりも既に建物自体存在している中古住宅や中古マンションの方がマイホームの取得としては現実味を帯びていることになります。
中古住宅や中古マンションの場合は新築住宅と違って傷みやキズがあるのは仕方がないことでしょう。
それでも状態の良い物件を見つけて、金額も新築を建てるよりもはるかに安い金額であれば早期にマイホームの取得ができるというわけです。
しかし中古物件を探す場合に金額が安いからと言って安易に決めてしまうと欠陥や後々生活に支障をきたす部分があれば問題外なのでしっかりと不動産物件を見て、不動産会社に確認を取って購入を決めるようにしましょう。
今後、住宅ローンの金利の上昇や消費税の増税があれば購入金額も変わってくるので早期にマイホームを取得したい方はこのゴールデンウィークが勝負ではないでしょうか。

マイホームと家相

Posted by on 2011年2月26日

新築で注文住宅や一戸建ての住宅を建てたり、またそのための土地を探したり、
中古住宅や中古マンションなどの不動産部件を探す場合に様々な希望条件を考えて打ち合わせをしたり情報を集めたりすることだと思います。
夢や希望を膨らますことはマイホームを持つためには必要な事ですが、その希望条件が多かったり根深いものだったりするとなかなか新築のプランが決まらなかったり、不動産物件の購入に踏み切れなかったりすることだと思います。
その一つとして家相を気がかりにしている人もいることだと思います。
山形で住宅を新築した友人も間取りを考え初めの頃は家相が気になって仕方がなかったそうです。
家相を考え始めるとあれはしては駄目だとか、この場所にその間取りを持ってきては駄目だなどマイナス要因として捉えることが多くなってくるようです。
また家相が気になり始めたら様々な家相にまつわる本を何冊も読み漁ったりしてしまう人もいるようですが、
読んだ本が多ければ多いほどタブーとなることが増えてしまって、マイホームを建てたり購入したりすること自体否定的に捉えてしまう場合もあります。
ここで注意しなければいけないのは古来からの最低限のこと守ったり、本に書いてあることを全て受け入れてしまわず参考としてとどめておく必要があります。
例えば、お風呂の残り湯を洗濯に使わないだとか、不浄と言われるトイレは毎日きちんと掃除するなどのことです。
大分の工務店の社長さんも言っていましたが、言い出したらきりがない心配事よりも家族が幸せに暮らせるように良い意味で解釈して
新築の間取り・プラン作りや不動産物件探しなどに利用していくことこそが家相とのうまいお付き合いの形になるのではないでしょうか。

これからの中古物件の購入

Posted by on 2011年1月25日

マイホームを取得することを考えた時に注文住宅や一戸建てのような新築で家を建てるには土地の購入も考えなければいけないし、
資金や住宅ローンの借り入れが十分にできないということで遠い夢の話だと半ばあきらめかけている方もいるのではないかと思います。
そういった方におすすめなのは中古マンションや中古住宅などの不動産物件です。
今、北海道の札幌の賃貸マンションに住んでいる友人もそろそろマイホームを持とうかと考え、同じ札幌市の地域で物件を探し始めたと言います。
中には中古ということで毛嫌いしている方もいるようですがただ単純に不動産物件の購入だけを考えているから中古という考え方になるのです。
今までの中古住宅や中古マンションなどの不動産物件の購入は引き渡し後にクロスの張り替えやキッチン、洗面化粧台の入れ替えといった
ちょっとしたリフォームをして済み始めることが多かったと思いますが、
最近では大胆に物件の間取りを変えたりするリノベーションを行うことが注目されるようになりました。
また間取りはそのままでも健康住宅や無添加住宅などのノウハウや素材・建材を活かしたリフォームを行う工務店等もあります。
中古住宅や中古マンションを買ってリフォーム・リノベーションを行うことは新築を購入するよりも費用が抑えられますし、
なにより住み替え・新しい生活を始めるには新築よりも短い期間で可能になります。
私の友人も久留米で健康住宅仕様のリフォームを購入した中古住宅に行いました。
中古住宅や中古マンションを探すのと同時に新築と見違えるようなリフォームやリノベーションの提案・実行できる
センスのあるリフォーム会社や工務店で集客できているところを探すことも含めてマイホームの取得を考えてみませんか?

住宅資金

Posted by on 2010年11月27日

新築で注文住宅を建てたり、中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を購入する場合に莫大な資金が必要になります。
新築や不動産の購入する場合はほとんどの方が住宅ローンを申し込んで購入することになります。
住宅ローンを借りる場合には新築や不動産を考える予算と実際に帰していける金額をうまく擦り合わせて考えておかないといけません。
新築や不動産物件購入の為の予算を決めておかないと、住宅メーカーに家造りの話をする時や不動産会社に物件探しを依頼をするための条件がはっきりしないことになります。
新築のプランや計画造りや不動産物件を探すうちに気にいった物件がみつかったとしても、住宅や不動産購入にかける予算や住宅ローンの借り入れ額が決まっていないと話が前に進まないことになります。
「だいたい○○○○万円ぐらいで・・・」と初めのうちはその金額で話を進めていったとしても、実際に住宅ローンの事前審査などをした際に希望額の住宅ローンが組めないことなどもあります。
北見の賃貸アパートに住んでいて、新築で注文住宅を建てようと考えている友人も住宅ローンに関してどうしようかと今考えている所です。
住宅ローンは現在の自己や世帯年収や年齢・勤続年数・職業により金額が変わってきます。
住宅会社や不動産会社また銀行などに住宅ローンの借り入れについてよく相談し、実際にいくらなら無理なく月々の返済ができるかなどを考えておきましょう。
住宅メーカーや不動産会社の営業マンは少しでも新築・不動産購入のための金額が多い方が利益が出るため最大限の借り入れを進めてきますが、
最大限の借り入れと無理なく返済できる金額は違うので気をつけましょう。
私の弟も佐賀で住宅を新築しましたが月々の返済を見直して借り換えをしました。
住宅ローンを借り入れする前から綿密な資金計画・返済計画を考えるようにしましょう。

中古マンションの探し方

Posted by on 2010年10月1日

前回は中古マンション探しのエリアについてお話ししましたが今回は中古マンション探しの希望条件について考えてお話ししたいと思います。
中古マンションを探す場合に考えておかなければいけないのは建物の概要についてです。
中古マンションとひとくくりで言ったとしても物件は数多く、築年数や間取り、住宅設備やセキュリティーなど様々な状況があります。
築年数に関しては築年数が浅ければ物件価格は意外と高かったりしますし、築年数がある程度過ぎていれば安いという相関関係がある程度成立しています。
また中古マンションを探すエリアが違えば価格帯は変ります。
同じような広さ・間取り・住宅設備だとしても周辺の生活環境や繁華性・利便性により物件の価格が左右されます。
中古マンションを探す物件の概要と地域をよく考えて決めていきましょう。
大分でリフォームした友人もいるので内装はそこまで気にしなくてもいいかもしれません。
物件の概要がメインなら少し街から離れた所で、交通の利便性などをメインに考えるなら駅の近くなど探し方は変わってくるはずです。
またエリアや物件の概要を決めて探していても、他の物件よりも格安の物件を見つけることもあると思います。

周辺にある中古マンション物件と物件の概要などに差がないにもかかわらず物件の価格が安い場合は飛びつかずに気をつけましょう。

掘り出し物の物件も考えられますが、以前に事故などで人がなくなっていたりする事故物件だったリ、直近に嫌悪施設があったりなど何かしらの問題がある場合もあります。

以前、友人が滋賀でリフォーム済みのマンションを探していた時にお買い得な物件が有ったそうですが、良く調べてみると事故物件だったそうです。

販売元や仲介の不動産会社にその理由をしっかりと確認するようにしましょう。

中古マンションを探す

Posted by on 2010年9月4日

マイホームのための中古マンションを探す場合について話です。
ただ漠然と中古マンションを探したいと思っていてもなかなか部件を探しだすことはできないでしょう。
期日の目標や物件に対する希望条件を考えておくとより部件探しが充実したものになるはずです。
物件に対する希望条件が自分の中で明確になっていないと、不動産会社に物件探しの依頼をしたとしても物件を見て回るだけで決めてもなく日を消化してしまうだけになります。
そうすると不動産会社にただ案内されただけで振り回された感が残るだけになってしまう恐れがあります。
また不動産会社の営業マンからの物件の押し売りに遭う可能性もあります。
押し売りに合うと物件探しや物件見学が面倒になったり、挫折してしまうことがあるので自分の希望を明確にしておきましょう。
中古マンションを探す場合にまず大切なのは物件を探すエリア、引越ししたいエリアについて考えることだと思います。
不動産会社に物件を探す金額や間取りを伝えても自分が住もうと思っている物件のエリアが明確になっていなければ紹介される度に無駄に時間を使ってしまうことになります。
大分に中古マンションを購入した友人はエリアを絞って探していました。
また自分が住みたいと思うエリアを決める場合にはそのエリア付近の駅やバスなどの公共の交通機関の場所などを把握しておいて通勤や通学の利便性、また生活施設などの周辺環境も考えておかなければいけないと思います。
住もうと思っているエリアの事を大体わかっているつもりでいても、いざ住み始めたら意外と住みにくい地域だったなんて言うこともあり得るので、しっかりとエリアについて調べておきましょう。