Category: バリアフリー

一ヶ所に集合!

Posted by on 2013年1月22日

  高齢者部門を作って高齢者対策に力を入れる建築屋がこれから先は成功して行くのではないかと言うのです。

その対策ですがまず高齢者専用アパートやマンションの建設でお年寄りを一ヶ所に集めた方がお世話や色々な管理がし易いのではないかとの事でもう一歩進めてグループホームの建設も良いのではないかというのです。

要するにただバリアフリーが上手に出来るというだけではなく住み易いグループホームの設計やシステム作りまで出来れば高齢者住居のエキスパートとして受注が見込めるのではないかというのです。

さて保健・医療・福祉というのがあります、バリアフリー住居は転倒などの事故を未然に防ぐという意味では保健に当たります。

そしてもし転倒し入院などという事になり仮に残された高齢のお爺さんが一人での自炊が苦しい場合などは介護という手もありますがグループホームでお婆さんが退院するまでお世話を出来れば、これが医療に当たります。

そして夫婦揃って元のアパートに帰る事になった時アパートの室内が介護し易い設計になっていれば、これが福祉に当たります。

このようなグループホームとアパートやマンションの総合設計をシステムごとパック商品にするそうなのです。

もうひとつ、高齢者部門では相続対策も行います、これは高齢者の親を持つ息子や娘が対象で相続する不動産に対する対策をアドバイスし不動産を守るお手伝いをする訳ですが勿論建築やリフォームまたは売却の受注をする作戦なのです。

えっ!どうしてそんなに高齢者対策を考えているか、ですか!実はAさんは建築に関してはまったくの素人なのですがどうしても建築屋さんとこの案を成功させたいそうなのです。

Aさんも必死でして高齢者を一ヶ所に集めて営業したいそうなのです。

えっ!何を、営業ですか!じつはAさん葬儀屋でお客さん集めの営業作戦なのだそうです・・・そうですか!お世話し易いので一ヶ所に集めるのではなく、もうすぐお客さんになりそうな人を一ヶ所に集めるという事でしたか!

優しい住宅

Posted by on 2010年7月30日

バリアフリーとは高齢者や障害者などの社会生活弱者の支障となる物理的な障害や精神的な障壁を取り除いた状態をいいます。
バリアフリー住宅とは、床の段差をなくしたり、階段に手すりを取り付けるなど、生活の障壁となるものを取り除き、高齢や身体の機能が低下した場合でも快適に生活を続けることのできる住宅です。
最近ではアパートなどの賃貸物件でもバリアフリーにしている物件も多くなっています。
若い時は快適に暮らしていた住宅が高齢になったり不自由な身体になると、殆どの家が苛酷な住宅になり得ます。
年を取ると2cmの敷居の段差につまずいて、足の骨を骨折するような事もあるそうです。また車椅子生活となった場合には外出することさえも大変なようです。
新築で住宅を建てるまたは中古住宅を購入した後のリフォームで老後まで快適に住めるバリアフリーな家造りを考えてみませんか?
高齢や不自由な体になった時に内に閉じこもってしまうと社会と接する機会もとぼしくなります。
気軽に出入りするためにも、安全な玄関まわりの整備が必要です。
玄関周りや廊下では段差解消、スロープ設置、手すりの設置、場合によっては車いす用にリフトの設置し車いすでも簡単に移動できる段差のない玄関や廊下にする工夫が必要ですね。
また部屋と部屋の間の敷居の段差の解消も重要です。
風呂場では段差解消、手すり設置、車いすでも使用可能または解除を考えたスペースの確保が必要です。
非常連絡装置などの設備もあればより安全だと思います。
入浴は体を清潔し心身をリラックスさせるためにも大切なものです。
その他、階段の手すり設置やこう配を緩やかな階段にするなども必要だと思います。

注文住宅を建てる際に今は若くても年老いた時の事を考えて、流行にとらわれた家造りよりも良い家造りができるのではないでしょうか?