廊下はデッドスペース!?

Posted by on 2017年6月23日

今までの住宅は廊下が当たり前のように設けられていました。しかし、最近ではこの廊下がデッドスペースとして考えられるようになってきています。廊下を設けることで部屋が細分化され、空間の繋がりや広さが得られにくくなるのです。

しかし、最近では廊下をできるだけ設けず、LDKには間仕切りや壁もできるだけ設けず空間の繋がりを大事にした空間造りが人気となっています。空間が細分化されず繋がりを確保することで、家族が孤立する場所がなくなり、家族が顔を合わせてコミュニケーションが生まれやすくなります。また、視界が奥にまで繋がることで、より広さや開放感が得られるのです。

廊下を無くすメリットは、各部屋を広々と確保でき、空間を最大限に有効活用しやすくなることです。壁で区切らないことで明るさの確保がしやすく、風通しもよくなります。和室を設ける場合も以前のように玄関近くに独立型のものを設けるのではなく、一体感のあるLDKに隣接する形で和室が配置されることが多いです。

このような間取りにすることで廊下を設ける必要がなくなり、和室もLDKも広さを確保できます。扉一つで繋がるため行き来のしやすさも高まります。我が家の新居がまさに廊下のない家です。一階にも二階にも廊下がありません。空間の一体感が得られるだけでなく、家族の気配をより身近に感じられることで安心感が高まります。廊下の必要性はこれからも大きな課題かもしれません。

家事がしやすい家

Posted by on 2017年4月25日

女性にとって家事は365日休みがなく、歳をとった時でも続けなければならないものです。家造りにおいて家事のしやすさに目を向けることで、毎日の家事を効率よく、そして負担なく行えるようになるのです。家事の中心はキッチンです。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごすという人も多いのではないでしょうか。このキッチンからの動線に注目するのです。

例えば、キッチンから洗面室・浴室へと繋がった間取りにすることで、家事動線が短く、家事効率が非常に高められるのです。キッチンで朝食の支度をしながら同時に洗面室で洗濯を行うこともあります。また、夕飯の支度をしながら家族の入浴の事前準備を行うことも多く、キッチンと洗面・浴室は、同時に2種類の家事を行うことが多いのです。この二つの空間を隣り合わせで配置することで、同時に2種類の家事を行いやすく、移動がスムーズに行えることで家事効率が高まるのです。

そしてさらに、洗面室の勝手口からそのまま外に出られるようにして、洗濯物を干すスペースまで完備しておけば、洗濯物を洗って、干すという作業がひとつの場所で済ますことができます。家事の効率が高まることで家事の時短を実現でき、家族との時間や自分の時間をより大切にすることができるのです。

洗濯物干し場は洗濯機からより近い場所に設けておくと、濡れて重くなった洗濯物を抱える手間が軽減でき、高齢になった時でも体に負担なく洗濯物を干すことができます。悪天候の際にも干し場に困らないように、洗面室の天井に室内干しを完備しておくのもいいでしょう。家事のしやすい家を目指しましょう。

ハウスメーカーと工務店

Posted by on 2017年3月24日

ハウスメーカーと工務店、家を建てる業者は数多く存在します。それぞれに特徴があり、その特徴を知ることで業者選びが格段に進めやすくなるのです。

ハウスメーカーの特徴は、資本も大きく大規模なため、世間一般での社会的信用は高いです。カタログやモデルハウスなど家造りのイメージを湧かせるための材料が豊富に揃っているのです。営業・設計・施工など各部門の人材がそれぞれに教育されているのでしっかりとした印象を抱く人も多いのです。画一化されたデザインを持っているので提案力も高いのです。しかし、商品の規格化のため自由にならない部分があったり、自社商品のみしか売ってくれないということもあります。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など様々な経費が建築費に上乗せされてしまうため、価格がどうしても高めになるのです。

工務店の特徴は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視しています。ハウスメーカーの住宅は、一目見ただけでどこのハウスメーカーのものか分かるものも多いですが、大量生産とはことなる、自分だけのこだわりを活かした一品生産の家造りを行うことができるのが大きな特徴です。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がハッキリしているのです。しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多いです。価格においては、広告宣伝費などがかからないので、同じ仕様の家を建てるならハウスメーカーより安くつくることができるでしょう。社会的信用度や設計の自由さ、個性や予算、メンテナンスなど様々な観点から自分達に合った最高の一社を見つけましょう。

家事をしやすい家

Posted by on 2016年12月19日

女性にとって家事は毎日のことです。この家事をしやすい家にすることでマイホームへの満足度を高めることができるのです。最近では家事ルームを設けて家事に集中できる場所を設ける人も少なくありません。家事を効率よく行うことで自分の趣味の時間に充てることができたり、子ども達と遊ぶ時間を増やしてあげることもできます。

先日新築住宅が完成した友人からのアドバイスで室内用の洗濯物干し場は確保しておいた方がいいよと言われました。毎日行う家事をいかにストレスを溜めることなくできるかがポイントなのです。我が家の新築住宅にこの家事ルームを設けたいところですが広さに余裕がありそうにありません。なので洗面室を少し広めに確保して洗面室兼家事ルームとして活用しようと思っています。この洗面室に室内用洗濯物干し場を設ける予定です。洗濯を終えて移動することなく洗濯物を干せるようにしておけばスムーズです。悪天候時にはこの室内用洗濯物干し場が活躍してくれそうです。

またこの空間に家族の衣類を収納できるスペースを確保しておきたいと思っています。我が家には小さい子どもがいます。自分で服を管理することができないので私がしています。旦那さんの衣類と自分の衣類と子どもの衣類と全て私が管理しています。そこで一番面倒と感じるのがたたんだ洗濯物をそれぞれ別のクローゼットになおすことです。その問題を解消するには家事を行う洗面室に家族の衣類を一か所で管理できる収納スペースを確保しておくと便利です。家事を楽しみながら行えるそんな家にしたいものです。

素材にこだわった家造り

Posted by on 2016年10月24日

近年、住宅の高気密・高断熱化が進んでいます。新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材も多く出回っています。このような建材を多く用いることで、室内空気が化学物質などに汚染され、そこに住む人の健康に悪影響を与えてしまうこともあるのです。せっかく建てたマイホームが、家族の健康を損なってしまうような住まいでは意味がありません。快適な住まい、そして家族の健康を第一で暮らせる住まいにするために、使用する素材にこだわった家造りをしました。

まず私が住んでいる地域は杉が有名で、その杉をふんだんに用いたのです。無垢材の素材を床材、階段、手すり、柱に用いました。無垢材を取り入れたことで、木の本来の温もりを感じられる雰囲気が広がっています。また木目の美しさを見て楽しむこともできるのです。無垢材の魅力は、触感の良さです。合板フローリングだと、夏はペタッと張り付いたような感触ですし、冬はヒヤッと冷たく裸足で歩くことはできません。しかし無垢材の床であれば、夏でもサラサラした感触ですし、冬はほのかに温かみを感じられるため一年を通して裸足で暮らしたくなるほどです。目で見て癒され、触れてその魅力を実感できる無垢材はおススメです。

そして壁にはクロスを使用するのが主流ですが、我が家は漆喰を使用しました。漆喰は調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。梅雨時期など外がじめじめしていても、一歩室内に入るとカラッと心地いい空間が広がっているのです。また室内の嫌なにおいを吸着してくれる効果や、人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着してくれる効果もあるのです。室内の環境を快適に導いてくれるだけでなく、そこで住む人の健康をしっかりと守ってくれる素材と言えるのです。家造りには素材に注目して、後悔のない家を完成させたいものです。

大手ハウスメーカーVS地元の工務店

Posted by on 2016年9月13日

家造りを進めていく際には、まず依頼する業者を選ばなければ話が始まりません。この業者選びこそ、家造りを成功させることができるかどうかが大きく関わってくるだけに慎重に選びたいものです。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせる数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは容易なことではないのですが、自分達に合った最高のパートナーを選び出しましょう。

まずはそれぞれの特徴を知り、どちらが適しているかを見極めることで業者選びがしやすくなります。大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。様々な工夫を凝らした情報発信を広告宣伝のプロが手がけているため、あらゆる方法で細やかな情報を手に入れることができます。画一化されたデザインをもっているので提案力もあるのです。

しかしその反面、自社商品のみしか売ってくれなかったり、商品が規格化されているため自由にならない部分があるのです。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高くなってしまうのです。

地元に密着した工務店は、建築主の希望や都合を最優先してくれます。大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができるのが最大の特徴です。また地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視しています。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしています。その一方で、会社規模が小さいため不安視する人も多いです。洗練されたデザインや提案力に欠けているのではないかと考える人も多いのです。まずはこれらの特徴を知り、どちらがより自分達の家造りに適しているかを見極め業者選びをしましょう。

家事動線に配慮した家

Posted by on 2016年8月3日

私は家事や育児に奮闘する専業主婦です。女性にとって家事は一生続くものでもあります。家造りを行う際は、家事への負担や不満を感じることのないよう、しっかりと環境を整えて、家事を楽しみながら暮らせる住まいを目指しましょう。そこで私は家事動線に注目しました。家事を行う上で、家事動線が長かったり、行き来がスムーズに行えないことで、家事の効率を下げたり、身体へ負荷がかかってしまいます。

例えば、洗濯機のある洗面室から洗濯物干し場への動線です。一階の洗面室で洗濯を行い、二階のベランダに洗濯物干し場を設けると、動線は長いですし、間に階段を挟むので若い間はいいのですが、妊娠した時や高齢になった時、身体に負担がかかり洗濯への不満が募ります。

そこで我が家は、家事と育児の両立という視点から、リビングの先に設けたウッドデッキに洗濯物干し場を設けました。これなら洗面室からの動線も短いですし、リビングで遊ぶ子どもの様子を確認しながら家事を行えます。高齢になった時は、好きなテレビ番組を見ながら家事ができますし、身体への負担も感じなのです。

家事動線の中で一番行き来を頻回に行うのが、キッチンと洗面室です。キッチンで炊事をしながら、洗面室で別の家事を行うことも多いです。同時に2種類の家事を行うこともあるこれらの空間は、できるだけ近くに配置しておきましょう。我が家はキッチンと洗面室を隣り合わせに配置しました。動線が格段に短くなり、家事の効率が高まりました。家事動線に配慮するだけで家事の時短が実現できるのです。

室内干し

Posted by on 2016年6月23日

屋外用の洗濯物干し場は当たり前のように設けることと思います。しかし意外と見落とされがちな室内干し。しかし家を建てた友人達からのアドバイスの中にはいつも室内干しスペースは必ず設けておいた方がいいよ!と言われていました。屋外用においても室内用においても言えることは、洗濯機のある洗面室からの動線はできるだけ短い方がいいということです。

家事動線をコンパクトにすることで家事の効率は高まります。洗濯は毎日行う家事の一つでもあるだけにこの動線は非常に重要です。雨の日や外出して帰宅が遅くなる時、夜洗濯物をする時や、花粉や大気汚染物質が多く飛来する時など室内干しがあると洗濯物をスムーズに干すことができます。天候に左右されない洗濯物干し場があると家事への不満が軽減されるのです。

我が家は最初、階段を上がった先のホール部分に室内干しを設けようと思いました。しかし一階で洗濯をして、濡れて重くなった洗濯物を抱えて階段を移動するのは高齢になった時は身体に負担をかけると思い止めました。そして結果、和室の先にサンルームを設けたのです。大開口の窓があるので、日当たりも抜群です。LDKから干している洗濯物は見えませんし、和室と室内干しがあるサンルームとの境には建具で区切れるようになっています。洗面室からの動線も短いですし、室内干しとして利用しない時は、建具を開け放つことで和室に開放感がプラスされます。ここに室内干しを設けて良かったと思っています。

二階にキッズスペース

Posted by on 2016年5月22日

我が家は階段を上がった先の空間にキッズスペースを設けました。このキッズスペースを中心に各部屋へ行き来ができるようになっています。なので二階には廊下がありません。廊下がないということは各スペースを有効的に使用できるということにも繋がるのです。このキッズスペースの広さは6帖ほどの広さがあります。このキッズスペースは、一階のリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられています。吹き抜けに面して設けられているので安心してキッズスペースとして利用できるのです。

子ども達がここで遊んでいてもこの吹き抜けを通して様子を把握できるのです。気になる時は、吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすいのです。違う場所に居ても子どもの様子をしっかり把握できるというのは安心できるものです。そして今までリビングに並べられていたおもちゃをこのキッズスペースに並べるようになったことで、リビングにおもちゃが散らかりにくくなりました。リビングに物が散らかりにくくなったことで、快適性も高まっています。

そしてこのキッズスペースにはカウンターも造りつけました。横幅があるだけでなく60㎝ほどの奥行も確保しているので、子ども達が二人並んでゆったりと勉強できますし、教材を広げて勉強がしやすいのです。子どもが小さい間は遊ぶスペースとして、そして成長すればスタディコーナーとして利用できるキッズスペースとなっています。子ども達が使用しなくなれば、パパの書斎スペースやパソコンスペースとしても活用できるので、二階ホールを有効的に利用できる家となっています。

回遊できるリビング収納

Posted by on 2016年4月9日

先日遊びに行った友人宅には、テレビボードの後ろに回遊できるリビング収納を設けていました。リビング収納は意外と見落としがちです。しかし家族が長時間過ごすこのリビングこそ物が集まってくる場所です。くつろぐはずのリビングに物が溢れてしまうとリビングの快適性は下がってしまいます。リビングの快適性をより高めるためにも、リビングに集まる物をしっかりと片づけられるようにしておく必要があります。

ウォークインタイプのリビング収納があると、物をたくさん収納できるという魅力だけでなく、家族で共有しやすい収納スペースとなります。リビングにキャビネットを置いたり、おもちゃ箱を並べると空間を占領し、狭さや圧迫感に繋がります。リビングに必要な物を全てこのリビング収納にしまうことでスッキリと片付き、広々とした空間が広がるのです。そうすることでインテリアも引き立ってきます。

目に入ると生活感を感じてしまう日用品までもここにしまっておけば、リビングからは見えないだけでなく、必要な時にはサッと取り出し使用できるので便利さも高まります。とっさの来客時でもサッと片づけられるリビング収納があると助かります。友人宅は、このリビング収納内にカウンターを設けて、子どものスタディコーナーとしても利用できるようにしていました。子どもが帰宅するとランドセルなど散らかりがちですが、このリビング収納に一時置きして、宿題もここで行えるようにしているのです。親の目がしっかり届く場所にスタディコーナーがあると、子どもも安心できますし、親も宿題のチェックがしやすくなります。回遊型なので行き来のしやすさが高いことも大きな魅力ですね。